新着情報

「いばらきアマビエちゃん」システムの登録を

 茨城県では、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、「いばらきアマビエちゃん」システムを導入しています。

 「いばらきアマビエちゃん」は、県などのガイドラインに沿って感染防止に取り組んでいる事業者の皆様を応援するとともに、感染者が発生した場合にその感染者と接触した可能性がある方に対して注意喚起の連絡をすることで、感染拡大の防止を目的としたシステムです。

 いばらきアマビエちゃんに登録すると作成できる「感染防止対策宣誓書」を施設に掲示することで、感染症対策を行っていることを利用者にPRできます。

 また、茨城県では、県民や事業者に登録する動機づけとし、10月上旬の条例施行を目指しています。条例案では、感染経路や範囲を把握するため、県民が行動履歴の調査に協力する。事業所がローラー作戦など広範囲な検査に応じることも全国で初めて義務付ける。さらに、感染者や医療従事者などへの不当な差別を禁止する規定となっています。

 

※新型コロナウイルスの感染者が発生した場合、その感染者が立ち寄った施設で、同日に登録した方に、茨城県より一斉に注意喚起メールが送信されます。その際、注意喚起のメール内容では、施設名、日時、感染者に関する情報はありません。

 

「いばらきアマビエちゃん」の登録・詳細につきましては、下記の茨城県ホームページをご覧ください。

登録はこちら(茨城県HP)
更新日:2020年08月19日
ページトップ